キシロオリゴ糖 特徴

キシロオリゴ糖(英)kylo oligosaccharides 難消化性 摂取量の目安一日1-3g程度
 
さわやかな甘みのオリゴ糖

腸内のビフィズス菌を増やすオリゴ糖である。

トウモロコシの芯やタケノコなどに微妙に含有

多糖キシランの酵素分解

重度の便秘に悩む妊婦が継続して使用した結果便秘が解消したという例もある。

オリゴ糖の中でも最も少量で整腸作用効果があると知られてます。


特定保健用食品である

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ