コーヒーにオリゴ糖

オリゴ糖の使用の仕方の1つに砂糖の代わりにコーヒーに入れるという方法があります。

オリゴ糖にも種類がありまして、あまり甘くないオリゴ糖もありますが、商品のラベルにヨー

ルトや、コーヒーにと書かれているのでみなさん使用しているのですね。

その目的は様々でしょうが、砂糖よりカロリーが低いのでダイエット目的に使用している方や

便秘対策に使用している方が多いみたいです。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなりビフィズス菌を増やす効果があります。摂取しても経口摂取だとあまり意味ない食べ物も多い中、

難消化性でしっかりと胃を通り腸まで運んでくれます。

食べるだけで健康に良ければ、楽ちんですね。

そもそも、母乳の成分の1つのオリゴ糖、おおまかなカロリーは、砂糖が1gあたり、4kcalであるのに対し、オリゴ糖は1gあたり2kcalと半分程度のものが多いです。

カロリーが半分とはいえ、1日の摂取カロリーが消費カロリーを上まれば当然太ってしまいま

す。ダイエット中や日々の摂取カロリーを少しでも抑えたい方、善玉菌を活発にして健康的な

生活を送りたい方にはおすすめです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ