乳児 オリゴ糖

生まれてから満1歳未満の子供の事を乳児と言いますが、その時期は、便秘にかかる割合は

少ないです。

その理由として、大半の乳児が母乳で育つからです。

粉ミルクで育つ子と比べて便秘にならない理由の1つとして、オリゴ糖が有名ですね。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれるのです。

しかし、最近では、粉ミルクにもオリゴ糖入りがごく普通となっています。

よって、乳児期は便秘になりにくいのでしょうが、それでも便秘になるという乳児の子は

麺棒浣腸が効果的です。

麺棒にオリーブオイルやベビーオイルなど潤滑油を付け、出し入れさせます。

特にベビー用の麺棒とかじゃなくても、大人用で大丈夫です。

この方法の他には、ののじマッサージが有名ですね。

腸内の形に添って腸に刺激を与えるとのの形になるのです。

お腹を軽く押しながら時計回りに2、30周も繰り返せば良い刺激となります。

この他には、黒砂糖水かマルツエキスも有名ですね。

便の軟化が起こり,排便が容易になります。

100%果汁も便を軟化させますので

こちらもお手軽で便秘対策となります。

万が一便秘の理由が病気の場合は先天性の病気(ヒルシュスプルング病など)の可能性もあります。

腸の機能の生まれつきの欠如ですので、人工肛門となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ